Ecology - エコロジー -
日本では傘は年間1億3千万本以上の輸入量があります。
そのほとんどは焼却もリサイクルも難しい商品で、輸入量を減らさないと、埋め立てされてしまう傘を減らすコトは不可能であると考え、未来の地球の為、未来の子供達の為にと考えると早急に対策しないといけないと思います。傘は、デフレにより値段がどんどんと下がり、『デフレの象徴』として国民みんなに認識され、その安価故に、雨が止んだ後の持ち運ぶ面倒から使用後の廃棄が容易にされたり、鉄道などの忘れモノの代表格にイメージされるなど、『エコでないモノの象徴』として位置付けられています。弊社は、傘の安易な廃棄の理由が、長傘のその長さによる持ち運びの悪さが原因と考え、ビニール傘にも小さくて大きい傘を提案しました。
モノのサイズが小さくなれば、持ち帰りたくなるという最たる例がライターです。ライターは、安価ですが喫煙者の皆様の机の中を想像してください。何処で持ち帰って来たのか分からないライターがたくさんありませんでしょうか?このように、持ち帰れるサイズであれば、どんなに安価なモノでも、皆、持ち帰りたいのです。

現在、国内での消費されております傘のほとんどはビニールタイプの長傘です。
私達は、カバンに入る、持ち帰りたくなる小さくて大きいビニール傘を提案し、今まで1回3回で廃棄されていた傘を10回、15回使って頂ければ傘の廃棄を減らすことができ、未来の子供たちが安心して暮らせる世界創りの一端を担えると考えます。